総額10万円超が貰える▶口座開設ボーナス

    【STICPAY(スティックペイ)とは?】海外FXで利用するメリット・デメリットやアカウントの作成方法、入出金にかかる手数料を徹底解説

    【STICPAY(スティックペイ)とは?】海外FXで利用するメリット・デメリットやアカウントの作成方法、入出金にかかる手数料を徹底解説

    STICPAY(スティックペイ)は、海外FX取引で便利に利用される電子決済サービスです。入出金がスピーディという点で海外FXでメリットが大きく、利用を検討しているか迷っているトレーダーもいることでしょう。

    本記事では、STICPAYの利用を検討中のトレーダーに向けて、アカウントの作成方法や入出金の手順、手数料について詳しく解説します。STICPAYを使うことで、迅速な取引が可能になりますが、利用には注意点もあるので知っておきましょう。安全性や利便性を兼ね備えたこのサービスを十分に理解できれば、海外FXの取引がより効率的になるはずです。

    海外FXアカデミーが厳選した海外FX おすすめランキングについては下記を参考に!

    あわせて読みたい
    海外FX業者おすすめ比較ランキング30選!人気口座一覧【2024年最新版】 ▼海外FX業者おすすめランキングTOP5 海外FXサイト名XMTRADINGFXGTExnessBigBossTitanFX口座開設ボーナス13,000円20,000円なし5,000円なし最大レバレッジ1,000倍1,000倍...
    目次

    STICPAY(スティックペイ)とは?オンライン国際決済サービスの一種

    STICPAYの公式サイト画像
    出典:sticpay.com

    STICPAYは、2017年からスタートした国際的なオンライン決済サービスで、特に海外FX取引で利用されます。以下はSTICPAYの基本情報です。

    項目詳細
    会社名STICPAY Limited
    金融ライセンスFinancial Conduct Authority (FCA)
    住所71-75 Shelton Street, Covent Garden, London, WC2H 9JQ, UK

    このサービスは、迅速な入出金と低コストでの国際送金が特徴です。スピードの理由は仮想通貨やクレジットカードなどの入出金スピードの速いサービスを利用している点。電子マネーのように事前にチャージしておくタイプなので、メールアドレスとパスワードの入力ですぐに決済可能です。

    STICPAYを利用することで、複数の通貨での取引が可能となり、FX取引の利便性が向上します。

    STICPAY(スティックペイ)の主な利用方法

    ポイントのイメージ画像

    STICPAYは、以下のように多様な用途で利用できる国際決済サービスです。

    STICPAYの利用方法

    • 海外FX業者での入出金:迅速かつ低コストで資金の移動が可能。
    • ショッピングの決済:国内外のオンラインストアでの買い物に利用。
    • 個人間での送金:家族や友人への送金が簡単に行える。
    • 海外のATMで現地通貨で出金:旅行先などで便利な現地通貨の引き出しが可能。
    • オンラインカジノでの入出金:スムーズにカジノアカウントへ入出金できる。

    これらの機能により、STICPAYは国際的な取引や生活をサポートします。

    どんな人にSTICPAYがおすすめ?

    • 迅速な入出金を希望する人: STICPAYは迅速な入出金を可能にするため、即時性を求めるトレーダーやビジネスパーソンに適しています。
    • 国際送金を頻繁に行う人: 海外銀行送金や仮想通貨による取引が容易であり、国際的な送金が頻繁に必要な人に便利です。
    • 安全性と透明性を重視する人: STICPAYは安全性の高い取引プラットフォームを提供し、手数料や取引の透明性を重視する人に適しています。

    海外FXの入出金でSTICPAY(スティックペイ)を利用する5つのメリット

    メリットのイメージ画像

    STICPAYは、海外FX取引において便利な決済サービスです。これから、海外FX初心者向けに、STICPAYを利用する5つのメリットを紹介します。

    海外FXの入出金でSTICPAY(スティックペイ)を利用する5つのメリット

    1. 入出金手数料が基本的に無料
    2. 入出金が最短で即時反映される
    3. 資金を一元管理できる
    4. 日本語のサポート体制が整っている
    5. STICPAYカードを使えば世界中のATMから出金できる

    これらのメリットを理解することで、よりスムーズかつ効率的に取引を進める手助けとなるでしょう。

    ①入出金手数料が基本的に無料

    STICPAYの大きなメリットは、海外FX業者での入出金手数料が基本的に無料である点です。多くのサービスでは入金時に手数料がかからないことが一般的ですが、STICPAYは出金時にも手数料が発生しない場合が多く、これは利用者にとって大きな利点といえます。この手数料無料の仕組みにより、トレーダーはコストを抑え、取引に専念することができます。

    ただし、STICPAY口座自体への入出金には手数料がかかる点には注意が必要です。

    以下は、海外FXの入出金手数料一覧表です。各入出金方法に対する手数料をまとめました。

    入出金方法入金手数料出金手数料
    STICPAYFXでは無料
    STICPAY口座は有料(入金額の1~3.85%程度)
    FXでは無料
    STICPAY口座は有料(800円+出金額の2%)
    クレジットカード無料無料~5%(業者による)
    bitwalletFXでは無料
    bitwallet口座は無料~有料(入金額の8.5%)
    FXでは無料
    bitwallet口座は824円
    ビットコイン入金額の0.5-1%0.5-1%
    海外銀行送金入金額の0.5-1%(数千円)5%
    国内銀行送金2%2%+800円

    注: 手数料は業者やキャンペーン、取引条件により変動する可能性がありますので、利用前に各業者の最新情報を確認してください。

    ②入出金が最短で即時反映される

    STICPAYのもう一つの大きなメリットは、入出金が最短で即時反映されることです。入金後すぐに取引に移行できるため、タイムロスなくスムーズにトレードを開始できます。また、複数の海外FX業者と連携させている場合でも、迅速に他の業者へ資金を移動させることができるので、機会損失を防ぎます。

    これにより、トレーダーは市場の動きに即応し、効率的な資金管理が可能となります。特に、迅速な反映は急な相場変動時に非常に有用です。

    以下は、海外FXの入出金方法の反映時間一覧表です。各入出金方法に対する反映時間をまとめました。

    入出金方法入金反映時間出金反映時間
    STICPAY即時即時~24時間以内
    クレジットカード即時1~5営業日
    bitwallet即時即時~数日
    ビットコイン即時30分~数日
    海外銀行送金1~3営業日6営業日~数週間
    国内銀行送金即時~24時間即時~24時間

    注: 反映時間は業者や取引条件、銀行営業日により変動する可能性がありますので、利用前に各業者の最新情報を確認してください。

    ③資金を一元管理できる

    STICPAYを利用すると、複数の海外FX業者での資金を一元管理できます。一つのウォレットで各業者の入出金をまとめることで、資金移動が簡単になり、管理が効率的になります。特に、利用する海外FX業者が入出金手数料無料であれば、手数料を大幅に抑えられるため、コスト面でも大きなメリットがあります。

    また、STICPAYのダッシュボードで資金の状況をリアルタイムで確認できるため、迅速な取引判断が可能です。これにより、トレード環境の最適化が図れます。

    ④日本語のサポート体制が整っている

    STICPAYは、日本語のサポート体制が整っているため、安心して利用できます。多くの海外FX業者では翻訳ソフトを使った不自然な日本語サイトが見受けられますが、STICPAYの公式サイトは自然な日本語でわかりやすく、情報がしっかり伝わります。

    また、サポートスタッフも日本語対応が可能で、トラブルや疑問点があれば迅速に対応してくれます。このため、英語が苦手な初心者でも安心して利用でき、スムーズに取引を進めることができます。

    ⑤STICPAYカードを使えば世界中のATMから出金できる

    STICPAYカードは、STICPAYアカウントにリンクされたプリペイドカードで、Mastercard対応のATMから世界中で現地通貨を引き出すことができます。さらに、Mastercard対応の店舗での支払いにも利用可能です。これにより、海外旅行や出張時に便利に使えます。

    現在はSTICPAYカードの新規発行が停止されています。既存のカードをお持ちの方は、引き続き便利な機能を活用できますが、今後の発行再開に期待が必要です。

    海外FXの入出金でSTICPAY(スティックペイ)を利用する3つのデメリット

    デメリットのイメージ画像

    STICPAYは便利な決済サービスですが、利用に際して注意すべきデメリットも存在します。

    海外FXの入出金でSTICPAY(スティックペイ)を利用する3つのデメリット

    1. JCB・AMEX・Dinersを利用できない
    2. 入出金額に応じて出金手数料がかかる
    3. 日本の金融庁の許可を得ていない

    これから、海外FX初心者向けにSTICPAYを利用する際に知っておくべき3つのデメリットを紹介します。これらのポイントを理解し、適切な判断をすることで、より安心して取引を進めることができるでしょう。

    ①JCB・AMEX・Dinersを利用できない

    STICPAYのデメリットの一つは、クレジットカード入金でVISAまたはMastercardしか対応していない点です。日本で広く使われているJCBやAMEX、Dinersなどのカードは利用できません

    JCB・AMEX・Dinersカードをメインに使っているユーザーにとっては不便さを感じるかもしれません。

    クレジットカード入金を利用する場合は、事前に対応ブランドを確認し、対応しているカードを準備する必要があります。これにより、スムーズな資金管理が難しくなる可能性があります。

    ②入出金額に応じて出金手数料がかかる

    STICPAYのもう一つのデメリットは、出金額に対して手数料が発生する点です。出金金額が大きいほど、手数料も高くなるため、コストがかさむことがあります。これにより、大きな金額を頻繁に出金するトレーダーにとっては不利になります。

    以下に、海外FXの主要な出金方法に対する手数料一覧をまとめました。手数料は業者や取引条件によって異なるため、具体的な数値は例として記載しています。

    出金方法出金手数料
    STICPAYカード1.3%
    仮想通貨送金 (ビットコイン)0.00077BTC+3%
    その他の仮想通貨送金1% – 3%
    国内銀行送金800円+2%
    海外銀行送金5%

    注: 手数料は利用するFX業者や特定の条件により変動する可能性があるため、各業者の最新情報を確認してください。

    手数料を安く抑えるためのポイントとして、以下が挙げられます。

    1. まとめて出金する: 小額を頻繁に出金するよりも、ある程度の金額をまとめて出金する方が手数料を抑えられます。
    2. キャンペーンを活用する: STICPAYでは、手数料が割引になるキャンペーンが時折行われているため、それを利用する。
    3. 他の手数料無料の入出金方法を検討する: 手数料がかからない他の入出金方法を利用する。

    これらの方法を活用することで、手数料を抑え、コストを最小限に抑えることができます。

    ③日本の金融庁の許可を得ていない

    STICPAYのもう一つのデメリットは、日本の金融庁の許可を得ていない点です。これは、日本の金融庁に登録されていないため、国内の法的保護を受けられないことを意味します。

    つまり、万が一、FX会社が破綻などの金融トラブルが発生した場合、日本の法的な支援を受けることが難しくなります。

    特に初心者にとっては、この点は重要なリスク要因となります。利用する際は、リスクを十分に理解し、信頼性のあるサービスかどうかを慎重に判断することが必要です。日本語サポートがあるものの、法的保護の面では十分な注意が求められます。

    海外FXにおいてSTICPAY(スティックペイ)での入出金が向いている人

    FXのイメージ画像

    STICPAYは、海外FXの入出金に便利なサービスですが、全てのトレーダーに適しているわけではありません。

    海外FXにおいてSTICPAY(スティックペイ)での入出金が向いている人

    • 複数の海外FX口座を所有している人
    • 海外銀行口座を所有している人
    • 日本の銀行口座へ早く出金したい人
    • 法定通貨・仮想通貨を両替したい人

    これから、どのようなタイプのトレーダーがSTICPAYの利用に向いているかを紹介します。これにより、自分に合った入出金方法を見つける手助けとなるでしょう。

    複数の海外FX口座を所有している人

    STICPAYは複数の海外FX口座を持つトレーダーにとって非常に便利なサービスです。理由として、多くの海外FX業者がSTICPAYと提携しており、入出金手数料が無料の場合も多いという背景があります。

    このため、STICPAYを利用すれば異なるFX口座間での資金移動がスムーズかつコスト効率的に行えます。

    さらに、STICPAYは即時反映されるため、取引機会を逃すことなく迅速に資金を移動できます。これにより、複数の取引戦略を同時に運用するトレーダーにとって理想的なツールとなります。

    海外銀行口座を所有している人

    海外銀行口座を所有しているトレーダーにとって、STICPAYは便利な支払い手段となります。STICPAYを通じて海外FX口座に資金を入金したり、利益を出金したりすることが可能です。多くの海外FX業者がSTICPAYを受け入れており、手数料がかからない場合も多いため、取引コストを抑えることができます。

    入出金方法入金手数料出金手数料
    海外銀行送金入金額の0.5-1%(数千円)5%
    STICPAYFXでは無料
    STICPAY口座は有料(入金額の1~3.85%程度)
    FXでは無料
    STICPAY口座は有料(800円+出金額の2%)
    クレジットカード無料無料~5%(業者による)
    bitwalletFXでは無料
    bitwallet口座は無料~有料(入金額の8.5%)
    FXでは無料
    bitwallet口座は824円
    ビットコイン入金額の0.5-1%0.5-1%
    国内銀行送金2%2%+800円

    ただし、海外銀行送金の出金手数料は高めなので注意してください。入金は低コストです。

    また、STICPAYカードを利用すれば、世界中のATMで現地通貨での出金が可能です。これにより、海外に拠点を持つトレーダーや海外での生活経験がある人々にとって、便利な支払い手段として役立ちます。

    日本の銀行口座へ早く出金したい人

    日本の銀行口座へ早く出金したい人にとって、STICPAYは効率的な選択肢です。通常、海外FX業者からの直接的な銀行送金では数日かかることが一般的ですが、STICPAYを介することでこの時間を大幅に短縮できます。

    海外FX口座からSTICPAYアカウントへの振り込みは迅速に処理され、その後、STICPAYから日本の銀行口座への出金も半日以内に着金することが可能です。このように、STICPAYを利用することで、日本国内での資金の移動が迅速化され、取引のスピードと効率性が向上します。

    ただし、出金手数料の有無や額については各業者のポリシーによるため、事前に確認することが重要です。

    法定通貨・仮想通貨を両替したい人

    法定通貨・仮想通貨を両替したい人にとって、STICPAYは便利なツールです。2020年2月からSTICPAYでは法定通貨と仮想通貨の両替が可能になりました。これにより、仮想通貨を使いたい人は取引所を経由する手間を省くことができます。

    STICPAYを利用することで、法定通貨から仮想通貨への両替がスムーズに行え、さらに海外FXでの取引に活用することも可能です。STICPAYの利用により、法定通貨と仮想通貨の間での資金移動が簡便化され、投資家やトレーダーにとって便利な選択肢となっています。

    STICPAY(スティックペイ)の使い方

    スマホのイメージ画像

    STICPAY(スティックペイ)は、海外FX取引で利用される電子ウォレットです。このサービスでは、簡単なアカウント登録と便利な入出金方法が特徴です。

    STICPAY(スティックペイ)の使い方

    • STICPAY(スティックペイ)の登録方法
    • STICPAY(スティックペイ)の入金方法
    • STICPAY(スティックペイ)の出金方法

    以下では、STICPAYの使い方について詳しく解説します。

    STICPAY(スティックペイ)の登録方法

    STICPAY(スティックペイ)の登録方法は以下の通りです

    STEP
    STICPAY公式サイトにアクセス

    STICPAYの公式サイトから、「会員登録」をクリックします。

    STEP
    新規アカウント作成

    必要事項(個人情報や連絡先情報)を入力し、新規アカウントを作成します。

    STEP
    アカウント確認

    登録した情報を確認し、アカウントを有効化します。通常、確認メールが送信されます。

    二段階認証のため、スマートフォンによるSMS認証コードの入力後、「コード認証」をクリックします。

    STEP
    内容確認

    確認内容をチェックし、問題なければ「送信」をクリック。
    「おめでとうございます!」と表示されれば登録は完了です。

    STEP
    ログイン

    アカウントが有効になったら、ログインして利用を開始できます。

    STICPAY(スティックペイ)の入金方法

    STICPAY(スティックペイ)の入金方法は以下の通りです。

    STEP
    ログイン

    STICPAYアカウントにログインします。

    STEP
    入金ページへ移動

    ダッシュボードから入金ページに移動します。

    STEP
    入金方法選択

    使用する入金方法を選択します。入金方法には以下があります。

    • 国内銀行送金
    • 海外銀行送金
    • クレジットカード
    • 仮想通貨送金
    STEP
    情報入力

    入金する金額や必要な情報(カード情報、銀行情報など)を入力します。

    STEP
    入金確認

    入力情報を確認し、入金を完了します。

    STICPAYでは多様な入金方法をサポートしており、安全かつ迅速に入金が行えます。

    STICPAY(スティックペイ)の出金方法

    STICPAY(スティックペイ)の出金方法は以下の通りです。

    STEP
    ログイン

    STICPAYアカウントにログインします。

    STEP
    出金ページへ移動

    ダッシュボードから出金ページに移動します。

    STEP
    出金方法選択

    使用する出金方法を選択します。出金方法には以下があります。

    • 国内銀行送金
    • 海外銀行送金
    • クレジットカード
    • 仮想通貨送金
    STEP
    出金情報入力

    出金する金額や必要な情報(銀行口座情報など)を入力します。

    STEP
    出金確認

    入力情報を確認し、出金を申請します。通常、処理には数営業日かかる場合があります。

    STICPAYではユーザーが選択できる多様な出金方法を提供し、円滑な出金手続きをサポートしています。

    STICPAY(スティックペイ)に関するよくある質問

    FAQのイメージ画像

    STICPAY(スティックペイ)は、海外FX取引で便利に利用できる電子ウォレットです。初めての方でも簡単にアカウントを作成し、入出金手続きを行うことができます。以下では、トレーダーから寄られたよくある質問についても解説します。

    STICPAY(スティックペイ)に関するよくある質問

    • STICPAY(スティックペイ)を利用できる海外FX業者はどこ?
    • STICPAY(スティックペイ)の口座を作るために満たすべき条件は?
    • STICPAY(スティックペイ)の本人確認で必要な書類は何?
    • STICPAY(スティックペイ)の口座への入金に利用できる方法は?
    • STICPAY(スティックペイ)の口座から出金するときの方法は?
    • STICPAY(スティックペイ)へ入金するときの手数料はいくら?
    • STICPAY(スティックペイ)から出金するときの手数料はいくら?

    これからSTICPAYを使いたい・検討中の方は、ここで疑問を解消して、スムーズな取引に役立ててください。

    STICPAY(スティックペイ)を利用できる海外FX業者はどこ?

    STICPAY(スティックペイ)を利用できる海外FX業者として、おすすめの業者は以下です。

    1. XMTrading: XMTradingは多様な入出金オプションを提供し、STICPAY経由での入出金が可能です。手数料は一般的に低額です。
    2. AXIORY: AXIORYもSTICPAYをサポートしており、便利な電子ウォレットとして利用できます。迅速で安全な取引が特徴です。
    3. Exness: Exnessは世界中のトレーダーに人気があり、STICPAYを介した迅速で便利な入出金が可能です。手数料が他よりも競争力があります。

    これらの業者は、STICPAYを使って簡単に入出金を行えるため、利便性が高く評価されています。

    この他にもTITAN FX、GENTRADE、easyMarket、MYFXMarkets、exness、FBS、LAND-FX、SuperForexなど、多数の海外FX業者がSTICPAYを採用しています。

    STICPAY(スティックペイ)の口座を作るために満たすべき条件は?

    主な条件は、以下の2つです。

    1. 18歳以上であること
    2. サービス提供していない国の居住者ではないこと

    STICPAYは、特定の管轄地域(キューバ、シリア、北朝鮮、スーダンなど)と国際連合安全保障理事会制裁リストに含まれる国家以外の、ほとんどの国でサービスを提供中です。

    登録時には、個人情報や連絡先情報の入力が必要ですが、これにはSTICPAYが安全保護を行うための規制が適用されています。

    STICPAY(スティックペイ)の本人確認で必要な書類は何?

    STICPAY(スティックペイ)の本人確認では、以下の2種類が必要です。

    1. 身分証明書: パスポートや運転免許証などの有効な身分証明書の写真付きコピーが必要です。これにより、登録者が18歳以上であることが確認されます。
    2. 住所証明書: 公共料金の領収書や銀行取引明細書など、登録者の現住所を証明する書類が必要です。これにより、登録者の居住国がサービス提供可能な国であることが確認されます。

    これらの書類は、STICPAYが規制要件を満たし、サービスの安全性とセキュリティを保護するために必要です。

    STICPAY(スティックペイ)の口座への入金に利用できる方法は?

    STICPAY(スティックペイ)の口座への入金に利用できる方法は以下の通りです。

    1. 国内銀行送金: 日本国内の銀行口座からSTICPAYアカウントに直接送金する方法です。銀行振込手数料や処理時間が発生する場合がありますが、安全かつ確実です。
    2. 海外銀行送金: 海外の銀行口座からSTICPAYアカウントに送金する方法です。国際送金手数料や通貨変換手数料がかかる場合がありますが、世界中からの入金を受け付けています。
    3. クレジットカード: 主要なクレジットカード(VISAやMasterCardなど)を使用して、即時にSTICPAYアカウントに入金することができます。手数料が発生する場合があります。
    4. 仮想通貨: 暗号通貨(BitcoinやEthereumなど)を使用してSTICPAYアカウントに入金することができます。仮想通貨の送金手数料とネットワークの処理時間が適用されます。

    これらの方法を利用して、迅速かつ便利にSTICPAYアカウントに入金することが可能です。

    STICPAY(スティックペイ)の口座から出金するときの方法は?

    STICPAY(スティックペイ)の口座から出金する方法は以下の通りです。

    1. 国内銀行送金: STICPAYアカウントから日本国内の銀行口座に直接送金する方法です。通常、手数料や処理時間がかかる場合がありますが、安全かつ確実です。
    2. 海外銀行送金: STICPAYアカウントから海外の銀行口座に送金する方法です。国際送金手数料や通貨変換手数料が発生する場合がありますが、世界中の銀行口座に送金できます。
    3. 仮想通貨: STICPAYアカウントから暗号通貨(BitcoinやEthereumなど)に出金することができます。この方法では、仮想通貨の送金手数料とネットワークの処理時間が適用されます。

    これらの方法を利用して、STICPAYアカウントから迅速かつ便利に出金することができます。

    STICPAY(スティックペイ)へ入金するときの手数料はいくら?

    STICPAY(スティックペイ)への入金時の手数料は、入金方法によって異なります。国内銀行送金は通常無料または非常に低額であり、海外銀行送金では国際送金手数料や通貨変換手数料がかかることがあります。また、仮想通貨での出金ではネットワーク手数料や取引所手数料が適用される場合があります。

    入金方法入金手数料
    STICPAYFXでは無料
    STICPAY口座は有料(入金額の1~3.85%程度)
    クレジットカード無料
    bitwalletFXでは無料
    bitwallet口座は無料~有料(入金額の8.5%)
    ビットコイン入金額の0.5-1%
    海外銀行送金入金額の0.5-1%(数千円)
    国内銀行送金2%

    具体的な手数料は、出金時にSTICPAYのウェブサイトやプラットフォームで確認できます。

    STICPAY(スティックペイ)から出金するときの手数料はいくら?

    手数料は出金額や送金先、および利用される出金方法によって異なる可能性があります。

    出金方法出金手数料
    STICPAYFXでは無料
    STICPAY口座は有料(800円+出金額の2%)
    クレジットカード無料~5%(業者による)
    bitwalletFXでは無料
    bitwallet口座は824円
    ビットコイン0.5-1%
    海外銀行送金5%
    国内銀行送金2%+800円

    詳細な手数料情報は、STICPAYの公式ウェブサイトやプラットフォームで直接確認することをお勧めします。

    まとめ:STICPAY(スティックペイ)とは

    STICPAY(スティックペイ)は、海外FXでの入出金をスムーズに行うための電子ウォレットサービスです。クレジットカードや仮想通貨を利用した即時入出金が可能であり、多くの海外FX業者との提携により手数料を抑えることができます。

    STICPAY(スティックペイ)のまとめ

    • STICPAYの利便性と手数料: STICPAYは海外FXでの入出金において、多くの業者と提携しており、入出金手数料が無料である場合が多いことが特徴です。これにより、コストを抑えつつ資金を管理できる利点があります。
    • 即時の取引反映: STICPAYを介した入出金は、即時に反映されるため、入金後すぐに取引に移行できる点が魅力です。また、複数の海外FX口座を持っていても、スムーズに資金の移動が可能です。
    • 日本語サポートと使い勝手: STICPAYは公式サイトがわかりやすく、日本語サポート体制も整っているため、利用者にとってストレスなく利用できる点が魅力です。

    また、日本語サポートも充実しており、操作が直感的で使いやすい点が特徴です。STICPAYを使えば、迅速かつ安全に資金を管理でき、コスト面もメリットがあります。海外FXを始める際に安心のひとつとなることでしょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次