総額10万円超が貰える▶口座開設ボーナス

    【海外FXを利用した場合の借金リスクとは?】原因やリスクを減らすための5つのポイントなど解説

    【海外FXを利用した場合の借金リスクとは?】原因やリスクを減らすための5つのポイントなど解説

    海外FXを利用する際に「借金リスク」について疑問を抱くことは必然でしょう。しかし、FXはしっかりとした管理のもと行えば、借金のリスクは心配無用です。本稿では、そんな海外FXの借金リスクについて以下の項目に大別して解説していきます。

    • 海外FXは借金のリスクが実は低い!?その理由とは
    • FXの取引で借金を抱えてしまう理由とは?よくある4つの理由
    • 海外FXを使って借金地獄に…自己破産できる可能性はある?
    • 海外FXで借金のリスクを減らすための5つのポイント

    海外FXアカデミーが厳選した海外FX おすすめランキングについては下記を参考に!

    あわせて読みたい
    海外FX業者おすすめ比較ランキング30選!人気口座一覧【2024年最新版】 ▼海外FX業者おすすめランキングTOP5 海外FXサイト名XMTRADINGFXGTExnessBigBossTitanFX口座開設ボーナス13,000円20,000円なし5,000円なし最大レバレッジ1,000倍1,000倍...
    目次

    海外FXは借金のリスクが実は低い!?その理由とは

    海外FXは、借金のリスクが実は低い!その理由とはについて、本章で解説します。理由として挙げられる項目は以下の4つです。続いてで詳しく見ていきましょう。

    • 消費者金融やカードローンから融資・借金をして投資を行なった
    • ロスカットが間に合わず追証を請求される
    • ゼロカットシステム未採用のFX業者だった
    • 相場が暴落したタイミングで追証を受ける

    海外FXは借金のリスクが低い理由①:ゼロカットシステムが導入されている

    海外FXを利用する際の借金リスクは実は低いと言われています。その主な理由は、多くの海外FX業者が「ゼロカットシステム」を導入しているためです。

    ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスになった場合に、そのマイナス分を業者が補填し、トレーダーの負債をゼロにする仕組みです。このシステムにより、相場が急変動しても借金を抱えるリスクが大幅に減少します。国内FXでは一般的に導入されていないため、海外FXの大きなメリットと言えるでしょう。

    海外FXは借金のリスクが低い理由②:ロスカットの水準が低い

    海外FX業者では、ロスカットの水準が低く設定されていることが多いため、借金リスクが低いです。ロスカットとは、損失が一定水準に達したときに自動的にポジションを強制決済する仕組みです。

    海外FXでは、証拠金維持率が20%〜50%程度でロスカットが発動する場合が多く、損失が大きくなる前に取引を終了させることができます。これにより、急激な市場変動により口座残高がマイナスになるリスクを軽減し、借金を防ぐことが可能です。

    FXの取引で借金を抱えてしまう理由とは?よくある4つの理由

    本章では、FXの取引で借金を抱えてしまう理由についてよくある4つの理由をまとめました。以下のセクションについて詳しく見ていきましょう。

    • ゼロカットシステムを導入しているFX業者に登録する
    • 消費者金融やカードローンから融資・借金をしてトレードをしない
    • あらかじめ損切りラインを設定する
    • 自身の資金に合わせてロットを調整する
    • 資金が少ないうちは変動が荒い通貨ペアには投資しない

    消費者金融やカードローンから融資・借金をして投資を行なった

    FXの取引で借金を抱える一因として、消費者金融やカードローンから借金をして投資を行うことが挙げられます。これは、自己資金が不足しているにもかかわらず、高リスクの投資に手を出すためです。

    借金をして投資を行うと、損失が出た場合に返済の負担が増大し、さらなる借金を重ねる悪循環に陥る可能性があります。特にFXは価格変動が激しく、短期間で大きな損失を被ることもあるため、自己資金の範囲内で無理のない投資を行うことが重要です。

    ロスカットが間に合わず追証を請求される

    FX取引で借金を抱える一因として、ロスカットが間に合わず追証を請求されることが挙げられます。市場が急変動した際、設定したロスカットが作動する前に証拠金を上回る損失が発生する場合があります。

    この場合、口座残高がマイナスになり、不足分を補填するために追証が発生します。国内FX業者では、追証制度が一般的であるため、大きな損失を被った場合に多額の返済義務が生じることがあります。これを避けるためには、リスク管理を徹底し、過度なレバレッジを避けることが重要です。

    ゼロカットシステム未採用のFX業者だった

    ゼロカットシステムを採用していないFX業者を利用することも、借金を抱える一因となります。ゼロカットシステムは、口座残高がマイナスになった場合、そのマイナス分を業者が補填する仕組みです。

    これにより、トレーダーは借金を負うリスクを回避できます。しかし、ゼロカットシステムを導入していない業者では、相場の急変動により証拠金以上の損失が発生すると、その不足分をトレーダーが補填しなければならず、借金を抱えるリスクが高まります。業者選びの際には、ゼロカットシステムの有無を確認することが重要です。

    相場が暴落したタイミングで追証を受ける

    FX取引で借金を抱える一因として、相場が暴落したタイミングで追証を受けることが挙げられます。急激な相場変動時に、大きな損失が発生すると、証拠金維持率が低下し、ロスカットが間に合わずに追証が発生することがあります。特に、急な暴落や急騰は予測が難しく、一瞬で多額の損失を被るリスクがあります。

    このような状況下で、証拠金を超える損失が発生し、不足分を補填するために追証が請求されると、借金を抱えることになります。リスク管理を徹底し、レバレッジを抑えることで、このリスクを減らすことが重要です。

    海外FXを使って借金地獄に…自己破産できる可能性はある?

    海外FX取引で借金地獄に陥った場合、自己破産が可能かどうかは重要な問題です。日本では、FX取引による借金も他の借金と同様に自己破産の対象となります。自己破産が認められれば、法的に借金の返済義務が免除されるため、経済的な再出発が可能です。ただし、自己破産には一定の条件があり、裁判所に提出する必要があります。

    また、自己破産が認められると、一定期間はクレジットカードの利用やローンの申請が制限されるなどのデメリットも存在します。自己破産を考える前に、弁護士などの専門家に相談することを強くおすすめします。

    海外FXで借金のリスクを減らすための5つのポイント

    本章では、海外FXで借金のリスクを減らすための5つのポイントを解説します。以下のセクションについて詳しく見ていきましょう。

    • ゼロカットシステムを導入しているFX業者に登録する
    • 消費者金融やカードローンから融資・借金をしてトレードをしない
    • あらかじめ損切りラインを設定する
    • 自身の資金に合わせてロットを調整する
    • 資金が少ないうちは変動が荒い通貨ペアには投資しない

    ゼロカットシステムを導入しているFX業者に登録する

    海外FXの借金リスクを減らすために、ゼロカットシステムを導入しているFX業者に登録することが重要です。ゼロカットシステムとは、相場の急変動で口座残高がマイナスになった場合でも、そのマイナス分を業者が補填し、トレーダーが追加で支払う必要がない仕組みです。

    このシステムにより、予想外の損失が発生しても借金を抱えるリスクが大幅に減少します。特に、相場が急激に変動する場合や、レバレッジを高く設定している場合に効果的です。ゼロカットシステムを提供している業者を選ぶことで、安心して取引を行うことができます。業者選びの際には、ゼロカットシステムの有無を確認し、自身の資金管理を徹底することが大切です。

    消費者金融やカードローンから融資・借金をしてトレードをしない

    海外FX取引を行う際、消費者金融やカードローンから融資を受けて資金を調達することは避けるべきです。これらの借金で得た資金を使ってトレードを行うと、損失が発生した際に返済負担が増大し、経済的なリスクが高まります。

    FX取引は価格変動が激しく、短期間で大きな損失を被ることもあるため、借金を利用しての投資は非常に危険です。トレードは余裕資金で行うことが基本であり、借金を背負っての取引は精神的にも負担が大きく、冷静な判断を妨げる可能性があります。自分の経済状況を踏まえ、無理のない範囲で取引を行うことが大切です。

    あらかじめ損切りラインを設定する

    海外FXで借金のリスクを減らすためには、あらかじめ損切りラインを設定することが重要です。損切りラインとは、事前に決めた一定の損失額に達した時点で自動的に取引を終了する価格のことです。

    これにより、大きな損失を防ぎ、資金を守ることができます。市場は予測不可能な動きをすることがあり、損失が膨らむ前に早めに対処することが求められます。損切りラインを設定することで、感情に左右されずに冷静な取引が可能になり、リスク管理が強化されます。また、損切りラインは自身のリスク許容度や資金管理に基づいて適切に設定することが大切です。これにより、借金リスクを大幅に減少させることができます。

    自身の資金に合わせてロットを調整する

    海外FXで借金のリスクを減らすためには、自身の資金に合わせてロットを調整することが重要です。ロットとは、取引の単位であり、大きなロットで取引を行うと利益も損失も大きくなります。

    資金に見合った適切なロットサイズを設定することで、リスクをコントロールし、大きな損失を防ぐことができます。過度なレバレッジを利用せず、自分のリスク許容度に応じた取引を行うことが大切です。

    また、余裕資金の範囲内で取引を行うことで、精神的なプレッシャーを軽減し、冷静な判断が可能になります。資金管理を徹底することで、借金リスクを大幅に減少させることができます。

    資金が少ないうちは変動が荒い通貨ペアには投資しない

    海外FXで借金のリスクを減らすためには、資金が少ないうちは変動が荒い通貨ペアへの投資を避けることが重要です。変動が大きい通貨ペアは、大きな利益を得られる可能性がある反面、短期間で大きな損失を被るリスクも高いです。

    特に資金が少ない段階では、こうしたリスクに耐えられる余裕がなく、借金を抱えるリスクが高まります。資金が限られている場合は、変動が比較的安定している主要通貨ペア(例えば、EUR/USDやUSD/JPY)を選ぶことで、リスクを抑えつつ取引を行うことができます。

    資金が増え、リスク管理ができるようになってから、より変動の大きい通貨ペアに挑戦するのが賢明です。

    まとめ

    いかがでしたか?本稿では、海外FXの借金のリスクについて解説しました。海外FXは自制した管理下のもと、運用・トレードを行えば、借金のリスクは低い。ということが分かったことでしょう

    本稿のセクションである「海外FXで借金のリスクを減らすための5つのポイント」を参考に、海外FXの健全な運用を心掛けてみてはいかがでしょうか、安心安全なFXライフを本メディは応援しています。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次