総額10万円超が貰える▶口座開設ボーナス

    【海外FXスプレッド比較】狭い(低い)・最狭おすすめFX業者11選まとめ

    【FXGTの口座開設方法】本人確認の手順や必要書類、口座開設の条件・注意点も徹底解説-17

    「海外FX業者の異なるスプレッドについて知りたい」「国内FX業者との違いは?」「海外FXでスプレッドを選ぶ際に気を付けるべきことは?」

    上記のような疑問や悩みを抱えている方は多くいるのではないでしょうか。海外FX業者は数多く存在します。何となくの知識はあっても、それぞれのスプレッドの違いや業者ごとの特徴について詳しく知らないという方は少なくありません。

    本記事では、海外FXのスプレッドに関する基本的な情報や海外FXと国内FXのスプレッドの違い、スプレッドを選ぶ際の注意点についてお伝えします。また、おすすめの海外FX業者11選も紹介しますので、ぜひ本記事を参考に、自分にぴったりの海外FX業者を見つけてください。

    海外FXアカデミーが厳選した海外FX おすすめランキングについては下記を参考に!

    あわせて読みたい
    海外FX業者おすすめ比較ランキング30選!人気口座一覧【2024年最新版】 ▼海外FX業者おすすめランキングTOP5 海外FXサイト名XMTRADINGFXGTExnessBigBossTitanFX口座開設ボーナス13,000円20,000円なし5,000円なし最大レバレッジ1,000倍1,000倍...
    目次

    海外FXのスプレッドとは?

    海外FXのスプレッドとは、通貨ペアの売値と買値の差です。取引する際には、売り注文と買い注文の価格には微小な差があります。この差が「スプレッド」と呼ばれ、取引業者に支払う手数料の一部として考えられます。

    スプレッドは通常、ピップ(価格変動の最小単位)で表され、スプレッドが狭いほど取引コストが低くなるのが特徴です。海外FX業者によってスプレッドの幅が異なるため、スプレッドの狭さや取引条件を比較するようにしましょう。スプレッドは、取引の際に支払うコストの一部として考慮することが大切です。

    スプレッドが広い業者と狭い業者の違い

    スプレッドが広い業者と狭い業者の主な違いは、「取引コスト」「取引条件」の2つです。スプレッドが広い業者は、売値と買値の差が大きくスプレッドが広いため、取引コストが高くなります。これは、取引時に支払うスプレッドが大きいため、「利益を出すためには市場価格が一定以上動かなければならない」ということを意味し、利益を出しにくい環境となることも少なくありません。

    一方、スプレッドが狭い業者は売値と買値の差が小さく取引コストが低くなります。これは、取引時に支払うスプレッドが小さいため、利益を出しやすくなるということを意味します。スプレッドが狭い業者は取引コストが低いため、トレーダーにとって利益を出しやすい環境です。

    スプレッドが広い業者と狭い業者の違いは、取引コストや利益の出しやすさに影響を与える重要な要素となります。トレーダーは、スプレッドの幅や取引条件を比較し、自身の取引スタイルや目標に合った業者を選択するようにしましょう。

    海外FXと国内FXのスプレッドは何が違う?

    海外FXと国内FXのスプレッドにはどのような違いがあるのか、知っておくべき3つのポイントを紹介します。

    【海外FXと国内FXのスプレッドは何が違う?】

    • 海外FXは「pips(ピップス)」が使われる
    • 海外FXは「変動スプレッド」が多い
    • 海外FXは「NDD方式」が多い

    上記3つの項目について、それぞれ具体的な内容を見ていきましょう。

    海外FXは「pips(ピップス)」が使われる

    海外FXと国内FXのスプレッドの違いのひとつとして、海外FXでは「pips(ピップス)」が使われるということが挙げられます。ピップスは価格変動の最小単位を表し、通常は通貨ペアの価格が1つのピップスだけ変動した場合の価値を示します。海外FX業者ではスプレッドがピップスで表示され、取引コストを把握しやすくなるのが特徴です。

    一方、国内FXではスプレッドが通常「銭」や「円」で表示されることがほとんどになります。この違いは、海外FXと国内FXの取引スタイルや表示方法の違いによるものです。海外FXでは、ピップスを使って価格変動やスプレッドを表現することが一般的となっており、国内FXとの明確な違いのひとつでもあります。

    海外FXは「変動スプレッド」が多い

    海外FXと国内FXのスプレッドの違いは、海外FXでは一般的に「変動スプレッド」が多いという点があります。変動スプレッドとは、市場の状況や取引時間帯によってスプレッドが変動するタイプのスプレッドです。市場が活発な時や重要な経済指標が発表される時などには、スプレッドが狭くなることがあります。

    これにより、トレーダーはより有利な条件で取引できる場合がありますが、国内FXでは比較的固定スプレッドが多い傾向です。固定スプレッドは、市場の状況に関係なく一定のスプレッドが適用されるため、取引条件が安定しているという利点があります。

    海外FXの変動スプレッドは、市場の変動に応じてスプレッドが変化するため、トレーダーは市場の状況に合わせて柔軟に取引することが可能です。

    海外FXは「NDD方式」が多い

    海外FXでは一般的に「NDD方式(No Dealing Desk)」が多いのが特徴です。NDD方式は、取引注文を取引所や流動性プロバイダーに直接送信し、ディーラーの介入がない取引方法になります。これによりスプレッドが狭くなり、取引条件が透明で公正になる傾向があります。

    一方国内FXでは「DD方式(Dealing Desk)」が一般的です。ディーラーが取引注文を受け付け、自社でポジションを持つことがあります。DD方式では、ディーラーの介入によってスプレッドが広がることがあるため、取引条件がNDD方式に比べてやや不利になることも少なくありません。海外FXのNDD方式は、トレーダーにとってより透明で公正な取引環境を提供することが特徴です。

    スプレッドが狭いおすすめの海外FX業者11選

    スプレッドが狭いおすすめの海外FX業者を厳選して11社紹介します。まずは下記表で大まかな特徴を確認してみましょう。

    海外FX業者名変動制スプレッド
    固定制スプレッド
    取引形態ボーナス・キャンペーン
    Exness(エクスネス)変動制STP・STP・STP・ECN期間限定で開催
    ThreeTrader(スリートレーダー)変動制DD期間限定で開催
    IronFX(アイアンエフエックス)口座により異なるCFD常時開催
    IC Markets(IC マーケッツ)変動制ECN期間限定で開催
    AXIORY(アキシオリー)変動制NDD期間限定で開催
    BigBoss(ビッグボス)変動制NDD・STP・ECN期間限定で開催
    XMTrading(エックスエム)変動制NDD・STP・ECN常時開催
    Traders Trust(トレーダーズ トラスト)変動制NDD常時開催
    iFOREX(アイフォレックス)変動制DD常時開催
    HFM(エイチエフマーケッツ )口座により異なるNDD常時開催
    Tradeview(トレードビュー)口座により異なるNDD期間限定で開催

    下記でそれぞれの海外FX業者の特徴や主なスプレッドを紹介します。おすすめ業者を比較・検討し、自分に合った業者をぜひ見極めてください。

    Exness(エクスネス)

    画像引用元:Exness

    全世界で約1,000万人以上が利用しているExnessは、業界トップクラスの低スプレッドが魅力です。レバレッジ無制限やスワップフリーなど優れたトレード環境を提供しており、多くのトレーダーに支持されています。プロ口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座は業界最狭クラスのスプレッドです。

    入金や出金が迅速で24時間365日対応なのも嬉しいポイントといえます。銀行振り込みの入金の場合、9時から14字の平日申請であれば約10分ほどで口座へ反映されるので、無駄に時間をかけてしまうこともありません。日本語サポートも充実しているので、海外FX業者の利用が初めてでも安心です。


    EUR/USD
    0.4~0.7
    GBP/USD0.7~1.0
    USD/JPY0.4~0.6
    AUD/USD0.6~0.9
    USD/CHF0.6~0.9

    \無制限レバレッジはExnessだけ!/

    ThreeTrader(スリートレーダー)

    画像引用元:ThreeTrader

    2021年新たに設立されたThreeTraderは、取引コストの安さから初心者・上級者双方から人気を集めています。多くの競合他社を圧倒するスプレッドの狭さが魅力です。IT化をどんどんすすめ、人件費を削減することで圧倒的なスプレッドの狭さを実現しています。

    口座残高や保有ポジション量によるレバレッジ制限もなく、定期的に豪華なキャンペーンが実施されるなど、トレーダーにとって魅力的な取引環境が整っているのもポイントです。日本語ネイティブによるサポートも充実しているので、疑問や不安などが合ってもすぐ解決できるので、安心して利用可能です。

    EUR/USD1.0~1.5
    GBP/USD1.5~2.0
    USD/JPY1.0~1.5
    AUD/USD1.2~1.7
    USD/CHF1.2~1.7

    \最大3000倍のレバレッジ/

    IronFX(アイアンエフエックス)

    画像引用元:IronFX

    世界180カ国以上のトレーダーから支持されているIronFXは、最大1,00倍とレバレッジが高く、少額の資金でも大きな利益が狙えます。豪華キャンペーンを常時開催しているので、効率よく取引をスタートできるのも魅力のひとつです。

    口座は限られてしまいますがスプレッドの狭さにも定評があり、初心者にもおすすめの海外FX業者といえます。取引可能銘柄も豊富にあるので、自分に合った商品で取引を進めましょう。もちろん日本語サポートも充実しています。ライブチャットでの相談もできるので、困ったことがあればいつでも問い合わせてみてください。

    EUR/USD0.7~1.2
    GBP/USD1.0~1.5
    USD/JPY0.8~1.3
    AUD/USD1.0~1.5
    USD/CHF1.0~1.5

    \IB報酬ボーナスの獲得チャンス/

    IC Markets(IC マーケッツ)

    画像引用元:IC Markets

    IC Marketsは、スプレッドが0.0からと競合他社に負けない狭さを誇っています。利用トレーダーの中には、スプレッドの狭さが決め手になったという方も少なくありません。また、取扱銘柄の豊富さやスリッページがほとんど起こらない安定した取引環境なども、安心して利用できる魅力のひとつです。

    2007年に設立されて以降世界各国で利用者を増やし続けて、世界的なトップクラスの人気を誇るFX業者にまで成長しました。過去には日本市場を撤退した時期もありますが、現在は日本人の受け入れを再開しているので、この機会にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

    EUR/USD0.0~0.1
    GBP/USD0.1~0.4
    USD/JPY0.1~0.4
    AUD/USD0.1~0.4
    USD/CHF0.2~0.5

    \公式サイトはコチラ/

    AXIORY(アキシオリー)

    画像引用元:AXIORY

    海外FX最狭水準のスプレッドが魅力のAXIORYは、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードまで、どんなスタイルでも利益が出しやすいのが特徴です。顧客資産は信託口座で完全分別管理されているため、万が一の事態に陥ってしまっても資産の消失はありません。

    公表されている約定力は99%と高いのも特徴のひとつです。約定力や約定スピードの平均値を毎月公開しているので、信頼できるFX業者といえるでしょう。ストップレベルが全てのFX通貨ペアでゼロとなっているので、自由度が高く小さい値幅をコツコツと狙っていくスキャルピングを主としているトレーダーに特におすすめです。

    EUR/USD0.0~0.2
    GBP/USD0.4~0.6
    USD/JPY0.0~0.2
    AUD/USD0.2~0.4
    USD/CHF0.3~0.5

    \最大1,000倍のレバレッジ/

    BigBoss(ビッグボス)

    画像引用元:Big Boss

    最大1,111倍のを提供しているBig Bossは、約定力の高さに魅力があります。また、1ロットの取引ごとにポイントを獲得でき、ある程度貯まるとボーナスへの交換が可能です。お得に取引資金を獲得するためにも、ぜひ積極的に活用していきましょう。

    他のFX業者と比較してトップクラスの低スプレッドとはいえませんが、ポイントでボーナスが獲得できたり、口座によっては狭いスプレッドでの取引が実現します。日本語サポートの充実性や約定力の高さなど、心惹かれる魅力が多いBig Bossで、ぜひスムーズな取引を目指してください。

    EUR/USD1.3~1.5
    GBP/USD2.0~2.2
    USD/JPY2.1~2.3
    AUD/USD2.2~2.4
    USD/CHF1.7~1.9

    \リンク限定で100%入金ボーナス/

    XMTrading(エックスエム)

    画像引用元:XMTrading

    完全日本語の丁寧なサポート体制の充実や安全性の高さから、多くのトレーダーに利用されているXMTradingは、他と比較しても特別スプレッドが狭いとはいえません。しかし豊富なキャンペーンを実施しており、その中にあるプログラムを活用することで、最大で0.7程度スプレッドを狭くできます。

    単純にスプレッドが広いということではなく、全体的な取引で見てみると各種ボーナスとしてスプレッド分が還元されているので、そこまでの高さを感じることはありません。逆に、キャンペーン内容によっては他FX業者よりもお得になるケースまるため、ぜひチェックしてみてください。

    EUR/USD0.7~1.2
    GBP/USD1.0~1.5
    USD/JPY0.7~1.2
    AUD/USD1.0~1.5
    USD/CHF1.0~1.5

    リンク限定で13,000円ボーナス

    あわせて読みたい
    XM(エックスエム)解説!【限定13,000円ボーナス】口座開設・入金出金を紹介 XM(XMTrading)は、世界中の投資家から支持される主要なFXブローカーの一つです。この記事では、XM(XMTrading)の魅力的な特徴とサービスに焦点を当て、特に新規口座開設...

    Traders Trust(トレーダーズ トラスト)

    画像引用元:Traders Trust

    透明性の高い取引環境や高い安全性に定評がある老舗の海外FX業者です。日本市場への参入は2018年ですが、創業は2009年で、長年にわたり世界中で活用されていました。最大レバレッジ3,000倍や高機能取引プラットフォーム「cTrader」が利用できるなど、トレーダーにとって良い取引環境を整えています。

    基本的には平均的なスプレッドになりますが、プロ口座・VIP口座の場合は0.0からといった狭いスプレッドを実現しています。スキャルピングメインでの取引を考えている方には、特におすすめです。スキャルピングだけでなく自動売買における制限もないので、自由な取引がおこなえます。

    EUR/USD0.2~0.5
    GBP/USD0.5~0.8
    USD/JPY0.3~0.6
    AUD/USD0.4~0.7
    USD/CHF0.4~0.7

    \最大3000倍のレバレッジ/

    iFOREX(アイフォレックス)

    画像引用元:iFOREX

    20年以上の運営歴を誇る老舗海外F業者で、豪華な入金ボーナスが常時開催されています。資金の少ない初心者はぜひiFOREXを活用してみてください。スムーズかつ効率のいい取引を実現させてくれます。スプレッドも狭く取引手数料が無料なので、無駄なコストをかけずお得に取引できるでしょう。

    スワップポイントが高いので、ポイント目当てのトレードを目的としている方にもおすすめです。仮想通貨や貴金属、株式など様々な商品を取り扱っており、CFDの銘柄は業界トップクラスとなっています。長い歴史のある老舗の海外FX業者iFOREXで、目的の取引をスムーズに進めていきましょう。

    EUR/USD0.7~1.2
    GBP/USD1.0~1.5
    USD/JPY0.7~1.2
    AUD/USD1.0~1.5
    USD/CHF1.0~1.5

    \IB報酬ボーナスの獲得チャンス/

    HFM(エイチエフマーケッツ )

    画像引用元:HFM

    2023年に取引環境の大幅なアップデートを実施したHFMでは、プロ口座でスプレッドが大きく改善されました。最も狭いとされていたゼロ口座と比較すると、その差はおよそ1/3程度縮小された銘柄も存在します。取引コストがネックになってしまい短期トレードには向きませんでしたが、現在は十分対応可能水準です。

    最大レバレッジは2,000倍となっています。さらに先物株価指数銘柄だけだったスワップフリーをFX通貨ペア・貴金属にスワも導入したため、対象範囲が大きく広がりました。コストや売買方向を気にすることなく中長期トレードが可能になったのも、嬉しいポイントのひとつです。ぜひ一度取引のやりやすさを実感してみてください。

    EUR/USD0.1~0.6
    GBP/USD0.9~1.4
    USD/JPY0.1~0.6
    AUD/USD0.7~1.2
    USD/CHF0.4~0.9

    \20%入金ボーナス/

    Tradeview(トレードビュー)

    画像引用元:Tradeview

    非常に狭いスプレッドを業界最安値の取引手数料で実現しているTradeviewは、50社以上の提携リクイディティ・プロバイダーによる流動性が、リアルタイムな相場で最適なスプレッド提示を支えています。取引手数料においても業界の最安値に抑えており、トレーダーにとって魅力的な取引環境を提供しているのが特徴です。

    それ以外にも、レバレッジ制限の条件もゆるさや大口取引にも対応しているなど、魅力あふれる特徴が多くあります。取引プラットフォーも豊富にあるので、ぜひ自分に適したタイプを見つけてください。無料デモ口座もあるので、まずは一試してみてはいかがでしょうか。

    EUR/USD0.0~0.5
    GBP/USD0.5~1.0
    USD/JPY0.0~0.5
    AUD/USD0.5~1.0
    USD/CHF0.5~1.0

    \最小スプレッド 0.0!/

    海外FXでスプレッドを選ぶときの注意点5つ

    海外FXでスプレッドを選ぶ際には、特に注意すべき5つのポイントがあります。

    【海外FXでスプレッドを選ぶときの注意点5つ】

    • 「平均スプレッド」の値で比べる
    • 口座タイプによってスプレッドが異なる
    • 通貨ペアごとのスプレッドを比較する
    • ECN口座は初回入金額や取引手数料が高いケースがある
    • 約定率が高い海外FX業者を選ぶ

    業者選びに失敗しないためにも、ここでお伝えするそれぞれの内容をしっかりと頭に入れておきましょう。具体的にどのようなポイントに注意すべきか、下記で詳しく紹介します。

    「平均スプレッド」の値で比べる

    平均スプレッドとは、ある通貨ペアの一定期間(通常は1週間や1ヶ月など)におけるスプレッドの平均値を示すものです。平均スプレッドを比較することで、そのFXブローカーがどれだけスプレッドを狭く保っているかを把握できます。

    平均スプレッドを比較する際には、以下の点に注意すると良いでしょう。

    • 信頼性の確認:平均スプレッドの情報が正確で信頼性のあるものであるかを確認する。公式ウェブサイトや取引プラットフォームから情報を入手するか、信頼できる情報源から確認。
    • 通貨ペアごとの比較:重要な通貨ペア(EUR/USD、USD/JPYなど)における平均スプレッドを比較する。通貨ペアごとにスプレッドが異なることがあるため、複数の通貨ペアを比較することが重要。
    • 取引条件の考慮:平均スプレッドだけでなく、取引条件(レバレッジ、最小取引単位、スワップポイントなど)も考慮して総合的に比較する。

    平均スプレッドを比較することで、より狭いスプレッドを提供しているFXブローカーを選択することができ、取引コストを最小限に抑えることが可能です。

    口座タイプによってスプレッドが異なる

    FXブローカーは通常、複数の口座タイプを提供しており、それぞれの口座タイプによってスプレッドの幅や条件が異なります。口座タイプによってスプレッドが異なる理由は以下の通りです。

    • スタンダードアカウントとECNアカウントなどの違い:一般的に、スタンダードアカウントは固定スプレッドを提供し、ECNアカウントは変動スプレッドを提供する傾向がある。ECNアカウントは市場の変動に応じてスプレッドが変動するため、取引の際により狭いスプレッドを享受できる可能性高い。
    • 最低入金額によるスプレッドの違い:一部のFXブローカーは、口座タイプごとに最低入金額を設定しており、最低入金額が高いほどより狭いスプレッドを提供する場合がある。高額の最低入金額を設定している口座タイプは、一般的により競争力のあるスプレッドを提供する傾向が高い。
    • 取引量によるスプレッドの違い:一部のFXブローカーは、口座タイプごとに取引量に応じたスプレッドの割引を提供する。大口取引を行うトレーダーにとっては、取引量に応じたスプレッド割引を受けられる口座タイプが選択肢として有益である場合がある。

    口座タイプによってスプレッドが異なるため、自身の取引スタイルや予算に合った口座タイプを選択することが重要です。口座タイプごとのスプレッドや取引条件を比較検討し、最適な口座タイプを選択することで、より効率的な取引が可能となります。

    通貨ペアごとのスプレッドを比較する

    異なる通貨ペアによってスプレッドの幅が異なるため、取引する通貨ペアによってスプレッドの影響が異なることがあります。通貨ペアごとのスプレッドを比較する際には以下2つの点に注意すると良いでしょう。

    • 主要通貨ペアとマイナー通貨ペアの比較:主要通貨ペア(EUR/USD、USD/JPYなど)は一般的にスプレッドが狭く、競争力のある取引条件が提供されることが多い。一方、マイナー通貨ペア( NZD/CAD、AUD/CHFなど)はスプレッドが広くなることがある。通貨ペアごとにスプレッドの幅を比較し、取引する通貨ペアによってスプレッドの違いを把握しておく。
    • 変動スプレッドと固定スプレッドの比較:一部のFXブローカーは、変動スプレッドを提供する口座タイプと固定スプレッドを提供する口座タイプを設けている。変動スプレッドは市場の変動に応じてスプレッドが変動するため、取引時により狭いスプレッドを享受できる可能性がある。通貨ペアごとに変動スプレッドと固定スプレッドの違いを比較し、自身の取引スタイルに合ったスプレッドタイプを選択する。

    通貨ペアごとのスプレッドを比較することで、より効率的な取引ができます。自身が取引する通貨ペアにおけるスプレッドの幅や条件を把握し、最適な取引環境を選択することが重要です。

    ECN口座は初回入金額や取引手数料が高いケースがある

    ECN口座は、取引者と市場の流動性提供者を直接つなぐ取引形態であり、市場の実際の価格に基づいてスプレッドが形成されるため、一般的に変動スプレッドを提供します。ECN口座を利用する際に注意すべき点は以下の通りです

    • 高い初回入金額:一部のFXブローカーは、ECN口座を開設する際に高額な初回入金額を要求する場合がある。ECN口座は市場の実際の価格に基づいてスプレッドが形成されるため、取引資金が多く必要となることがある。初回入金額を確認し、自身の予算に合った口座を選択する
    • 高い取引手数料:ECN口座では、取引者と市場の流動性提供者を直接つなぐため、取引手数料が発生することがある。取引手数料は通常、取引量や取引頻度に応じて発生するため、高い取引手数料がかかる可能性が高い。取引手数料を確認し、取引コストを考慮して口座を選択する。

    ECN口座を利用する際には、初回入金額や取引手数料などの費用面を注意深く検討することが重要です。自身の取引スタイルや予算に合った口座を選択し、効率的な取引環境を構築しましょう。

    約定率が高い海外FX業者を選ぶ

    約定率とは、注文が成立する確率を示す指標であり、高い約定率を持つFX業者は注文がスムーズに成立しやすい環境を提供しているといえます。約定率が高いFX業者を選ぶ際に注意すべき点は以下の通りです

    • 実績と信頼性:約定率が高いFX業者は、過去の取引実績や信頼性が高いことが多い。業界で長年にわたって信頼されてきたFX業者や、多くのトレーダーに支持されているFX業者を選ぶことで、約定率が高い取引環境を享受できる可能性がある。
    • テクノロジーとインフラ:約定率が高いFX業者は、高度なテクノロジーと安定した取引インフラを備えている。高速かつ安定した取引プラットフォームを提供し、トレーダーがスムーズに取引を行える環境を整えているFX業者を選ぶことが重要。
    • サポートとカスタマーサービス:約定率が高いFX業者は、トレーダーのサポートやカスタマーサービスにも力を入れている。取引時に問題が発生した際に迅速かつ適切に対応してくれるFX業者を選ぶことで、トレードのストレスを軽減し、取引効率を向上させることが可能。

    約定率が高い海外FX業者を選ぶことで、スムーズな取引環境を構築し、効率的な取引ができます。業者の実績や信頼性、テクノロジーとインフラ、サポートとカスタマーサービスなどを総合的に考慮し、自身に最適なFX業者を選択しましょう。

    海外FXのスプレッドでよくある質問

    海外FXのスプレッドに関して、疑問や不安に感じている部分を解決していきましょう。下記は、海外FXのスプレッドでよくある質問7つです。

    【海外FXのスプレッドでよくある質問】

    • スプレッドが広がるタイミングは?
    • 固定スプレッドの海外FX業者はある?
    • 海外FX業者はなぜスプレッドが広い?
    • 海外FXのスプレッドは経費として計上できますか?
    • 海外FXでスプレッドゼロの業者を知りたいです
    • 低スプレッドでもスリッページが発生する?
    • 海外FXの早朝スプレッドとは?

    海外FXに対する理解を深め、効率よく積極的に使いこなすためにも、ぜひここでお伝えする内容を正しく把握しておきましょう。

    スプレッドが広がるタイミングは?

    海外FXのスプレッドが広がるタイミングは、「市場が閑散として取引量が少なくマーケットの流動性が低い時」「重要な経済指標・中央銀行の発表など経済指標や重要なイベントの発表時」「急激な相場の変動や市場の不安定さが高まり大規模な市場の変動時」などが主となります。

    必ずスプレッドの広がりが生じるとはいえませんが、要因の一つであることに間違いはありません。スプレッドの広がるタイミングはこうした色々な背景によって起こります。トレーダーは、スプレッドが広がる可能性が高いタイミングを把握し、リスク管理を適切におこなっていきましょう。

    固定スプレッドの海外FX業者はある?

    海外FX業者の中には固定スプレッドを提供している業者も存在します。固定スプレッドとは、あらかじめ決められた固定のスプレッド幅で取引できるタイプのスプレッドです。固定スプレッドを提供する海外FX業者は、主に初心者や安定した取引環境を求めるトレーダー向けにサービスを提供しています。

    固定スプレッドを選択することで、市場の変動に左右されずに取引できるため、予測可能な取引環境を求めるトレーダーにとって魅力的な選択肢といえるでしょう。ただし、固定スプレッドを提供する業者は、一般的に変動スプレッドを提供する業者よりも取引手数料が高い場合がります。

    トレーダーは自身の取引スタイルや予算に合わせて適切な業者を選択することが重要です。固定スプレッドを提供する海外FX業者を検討する際には、スプレッド幅だけでなく、取引条件やサポート体制なども総合的に考慮して選択するようにしてください。

    海外FX業者はなぜスプレッドが広い?

    海外FX業者がスプレッドを広げる理由はいくつかあります。主な理由は以下の通りです。

    • 市場の流動性の低下:市場が閑散として取引量が少ない時や、重要な経済指標やイベントが発表される直前など、市場の流動性が低下すると、業者はリスクを管理するためにスプレッドを広げることがある。
    • リスク管理:業者は市場の変動やリスクを考慮してスプレッドを調整する。特に急激な相場の変動や重要な経済指標の発表時など、業者はリスクを最小限に抑えるためにスプレッドを広げることがある。
    • 収益の確保:業者はスプレッド差から収益を得おり、スプレッドを広げることで業者は取引量が少ない時や市場の不安定な時でも収益を確保することが可能になる。
    • 競争力の維持:一部の業者はスプレッドを広げることで他の業者との競争力を維持しようとしている。競争が激しいFX市場では、スプレッドを調整することで顧客を引き付ける戦略を取る業者も少なくない。

    これらの要因により、海外FX業者はスプレッドを広げることがあります。トレーダーは、スプレッドの広がりに注意しながら取引を実施し、自身に適した業者を選択することが重要です。

    海外FXのスプレッドは経費として計上できますか?

    海外FXのスプレッドは、一般的に取引コストとして扱われ、経費として計上することが可能です。トレーダーがFX取引をする際に支払うスプレッドは、取引手数料やコミッションと同様に取引コストの一部として考えられます。

    したがって、スプレッドはトレーダーにとって経費として計上されることが一般的です。ただし、税務上の規定や個々の状況によって異なる場合がありますので、具体的な税務処理や会計処理については税務署や会計士などの専門家に相談するようにしましょう。

    海外FXでスプレッドゼロの業者を知りたいです

    スプレッドゼロのFX業者は、一般的には存在しないのが特徴です。スプレッドは市場の流動性や取引条件によって変動するため、完全にスプレッドがゼロという状況は現実的ではありません。

    ただし、一部のFX業者は、特定の取引条件やアカウントタイプにおいてスプレッドを非常に狭く設定している場合があります。これにより、トレーダーはより競争力のあるスプレッドで取引ができます。

    スプレッドが狭く設定されているFX業者を探す際には、各業者の取引条件やアカウントタイプを比較検討することが重要です。ご希望の条件に最も適したFX業者を見つけるために、複数の業者を比較・検討してみてください。

    低スプレッドでもスリッページが発生する?

    低スプレッドの業者でもスリッページが発生する可能性があります。スリッページは、市場の急激な変動や取引注文の執行速度の遅さなどが原因で、注文価格と実際に取引が成立する価格との差が生じる現象です。

    スリッページは取引環境や市場状況によって異なりますが、低スプレッドであってもスリッページが発生することは珍しくありません。トレーダーはスリッページが発生する可能性を考慮して取引することが大切です。また、スリッページを最小限に抑えるためには、取引注文の執行速度や市場の流動性などに注意を払うようにしておきましょう。

    海外FXの早朝スプレッドとは?

    海外FXの早朝スプレッドとは、市場が開始する直前や早朝の時間帯におけるスプレッドのことを指します。通常、市場が開始する直前や早朝の時間帯は、流動性が低く取引量が少ないため、スプレッドが拡大する傾向です。

    このため、早朝スプレッドは通常の取引時間帯よりも広くなることがあります。トレーダーが早朝に取引する際には、この早朝スプレッドの拡大を考慮して取引することが重要です。また、各FX業者や通貨ペアによって早朝スプレッドの状況は異なるため、取引の際には各業者のスプレッド情報を確認するようにしましょう。

    海外FXスプレッド比較:まとめ

    海外FX業者のほとんどは変動制スプレッドを導入しています。必ず状況をチェックしながら取引をおこなっていきましょう。また、狭いスプレッドでも必ずリスクはつきものです。リスク管理を徹底し、後悔や失敗をしないよう注意してください。

    本記事では、海外FX業者のスプレッドにおける基本的な情報、広い業者と狭い業者や国内FXとの違い、選ぶ際の注意点、おすすめの海外FX業者のついて詳しく紹介しました。

    FXは、正しい情報が何よりも大切です。本記事でお伝えした情報を参考に、おすすめの海外FX業者を活用しながらスムーズかつ安全な取引を楽しみましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次