総額10万円超が貰える▶口座開設ボーナス

    【Curfex(カーフェックス)とは? 】会員登録方法や送金可能な国についてカンタン解説

    オンライン海外送金プラットフォームの「Curfex(カーフェックス)」は、海外送金サービスを利用している方から支持されています。今まさにCurfex(カーフェックス)の利用を検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、実際Curfex(カーフェックス)についてあまりよく分からないと悩んでいる方も少なくありません。

    本記事では、Curfex(カーフェックス)に関する基本的な情報をはじめ、送金可能な国の一覧、通常の銀行との送金手数料の比較や送金可能金額、着金までにかかる時間や準備すべきものなど、利用するうえで知っておくべき情報を徹底解説いたします。

    本記事を参考に、Curfex(カーフェックス)に対する理解を深めましょう。また、Curfex(カーフェックス)の登録手順についてもひとつずつ詳しくお伝えしますので、スムーズに登録してぜひCurfex(カーフェックス)を使いこなしてください。

    海外FXアカデミーが厳選した海外FX おすすめランキングについては下記を参考に!

    あわせて読みたい
    海外FX業者おすすめ比較ランキング30選!人気口座一覧【2024年最新版】 ▼海外FX業者おすすめランキングTOP5 海外FXサイト名XMTRADINGFXGTExnessBigBossTitanFX口座開設ボーナス13,000円20,000円なし5,000円なし最大レバレッジ1,000倍1,000倍...
    目次

    【国際送金を頻繁にする方におすすめ!】Curfex(カーフェックス)とは?

    Curfexは、カナダを拠点とする国際送金サービスプロバイダーで、頻繁に国際送金を行う方に特におすすめのサービスです。Curfexは、低コストで迅速かつ安全な国際送金を提供しているのが特徴で、銀行よりも低い手数料を設定し、競争力のある為替レートを提供しています。

    送金プロセスも迅速で効率的となっているため、送金先への資金到着までの時間を最小限に抑えることが可能です。

    Curfexは、オンラインプラットフォームを通じて24時間365日送金サービスを提供しており、利用者はいつでも簡単・手軽に送金ができます。送金先の国や通貨に関係なく、Curfexを利用して手数料を節約し、迅速かつ安全に送金を行えるのがポイントです。

    さらに、Curfexは顧客サポートにも力を入れており、送金に関する疑問や問題がある場合には迅速かつ丁寧に対応してくれるので、初めてでも安心して利用できます。利用者の安心感を重視しているCurfexは、送金プロセス全体をスムーズに進めるためのサポートを提供しているのも大きな特徴です。

    総合的にみても、Curfexは頻繁に国際送金を行う方にとって便利で信頼性の高い選択肢となるでしょう。低コスト、競争力のある為替レート、迅速なサービス、そして丁寧な顧客サポートが魅力です。

    Curfexを利用して、国際送金をより効率的に行いましょう。

    Curfex(カーフェックス)で送金が可能な国一覧

    メインスライダー画像

    Curfexでは、2024年5月現在の時点で、日本や中国、アメリカ合衆国、ドイツ、フランス、ポルトガル、シンガポールなどの主要国を含む42の国に送金が可能となっています。送金可能な国は下記の通りです。

    • オーストラリア (Australia)
    • オーストリア(Austria)
    • ベルギー(Belgium)
    • カナダ (Canada)
    • 中国 (China)
    • クロアチア (Croatia)
    • チェコ共和国 (Czech Republic)
    • デンマーク (Denmark)
    • エストニア(Estonia)
    • フィンランド(Finland)
    • フランス(France)
    • ドイツ(Germany)
    • ギリシャ(Greece)
    • 香港 (Hong Kong)
    • ハンガリー (Hungary)
    • アイスランド(Iceland)
    • インド (India)
    • インドネシア (Indonesia)
    • アイルランド(Ireland)
    • イタリア(Italy)
    • 日本 (Japan)
    • ラトピア(Latvia)
    • リトアニア(Lithuania)
    • ルクセンブルク(Luxemburg)
    • マレーシア (Malaysia)
    • オランダ(Netherlands)
    • ノルウェー (Norway)
    • ポーランド (Poland)
    • ポルトガル(Portugal)
    • ルーマニア(Romania)
    • サンマリノ(San Marino)
    • シンガポール (Singapore)
    • スロバキア(Slovakia)
    • スロベニア(Slovenia)
    • 韓国 (South Korea)
    • スペイン(Spain)
    • スウェーデン (Sweden)
    • スイス (Switzerland)
    • タイ (Thailand)
    • イギリス (United Kingdom)
    • アメリカ合衆国 (United States Of America)
    • ベトナム (Vietnam)

    Curfexは、これらの国々への送金を迅速かつ安全に行えます。今後も送金可能な国の拡大に努めているため、利用を希望する国や地域が追加されているかかどうかを確認するためには、公式ウェブサイトやカスタマーサポートにお問い合わせいただくことをお勧めします。

    Curfex(カーフェックス)と通常の銀行送金の手数料比較

    Curfexと通常の銀行送金の手数料を比較すると、一般的にCurfexの方が低い手数料を設定しています。通常の銀行送金では、送金額に応じて固定手数料や為替手数料がかかることが一般的です。一方、Curfexは競争力のある為替レートを提供し、低い手数料が設定されています。

    Curfexはどの国への送金でも手数料が「1%」のみとなります。

    特に大きな金額を送金する場合や頻繁に送金を行う場合には、Curfexを利用することで手数料が節約できるでしょう。また、Curfexは透明性の高い料金体系を採用しており、送金前に手数料や為替レートを確認することが可能です。これに対して、通常の銀行送金では手数料や為替レートが不透明なケースが少なくありません。

    下記表は、日本から主な主要国へ25万円送金する場合の手数料の比較です。

    受け取り通貨単位通常銀行手数料の目安Curfexの手数料割引率
    AUD(オーストラリアドル)4.16%1.00%76%
    CNY(中国元)2.92%1.00%66%
    HKD(香港ドル)4.37%1.00%77%
    IDR(インドネシアルピア)5.13%1.00%81%
    KRW(韓国ウォン)3.17%1.00%68%
    MYR(マレーシアリンギット)5.94%1.00%83%
    PHP(フィリピンペソ)7.93%1.00%87%
    SGD(シンガポールドル)2.30%1.00%56%
    引用: Curfex公式サイト・よくある質問「Curfexと銀行その他の送金サービスを行う資金移動業者との違いは何ですか?」

    日本から国際送金を実施する場合、通常の銀行ではなくCurfexを利用することによって最大87%の手数料削減が可能となります。

    Curfex(カーフェックス)が送金可能な金額について

    Curfexは、一度に送金できる金額に上限を設けています。通常、送金可能な金額の上限は、送金先の国や地域、送金方法、および利用する送金サービスによって異なるので注意してください。

    例えば、日本からの送金の場合、1回の送金最小額は「5万円」、最大送金額は「100万円」となります。香港からの送金では、送金最小額は「HKD2,500」、最大送金額は「HKD100,000」です。

    Curfexは大口送金や小口送金の両方をサポートしており、送金額に応じて適切な手続きを行うことができます。

    送金可能な金額についての詳細を知りたい方、その他の国への送金額を調べたい方は、Curfexの公式ウェブサイトやカスタマーサポートに問い合わせてください。

    Curfex(カーフェックス)を利用した際の着金までにかかる時間

    Curfexを利用した際の着金までにかかる時間は、送金先の国や地域、送金方法、および利用する送金サービスによって異なりますが、Curfexは迅速な送金サービスを提供しているため、通常であれば1営業日以内に完了します。

    しかし、銀行の営業時間やシステム上の当日扱いの締め時間などによっては最大2営業掛かるケースもあるため、注意しておきましょう。また、送金先の銀行や支払いプロセスによっては、着金までに数日かかる場合もあります。

    Curfexで送金すれば遅くても数日以内には着金されますが、送金のスピードを最大限早めるためにも、正確な情報を提供して送金手続きを迅速に完了させることが大切です。

    登録までに事前に用意できるもの

    Curfexへの登録をスムーズに行うためにも、まずは事前に準備できるものを揃えておきましょう。下記は、登録までに事前に用意できるものも一覧です。

    • 有効な身分証明書:登録時に身元確認のために必要となるため、有効な身分証明書を用意しておく。(運転免許証やパスポートなど)
    • マイナンバー:マイナンバーが分かる資料を用意しておく(マイナンバーカードがない場合、マイナンバー通知カードやマイナンバーを記載した住民票を用意する)
    • 銀行口座情報:送金や受け取りのために銀行口座情報が必要となる。銀行口座番号や支店名、口座名義などを事前に確認しておくとスムーズな登録が可能。
    • 連絡先情報:登録時に必要となる連絡先情報を用意しておく。(メールアドレスや電話番号など)
    • 住所情報:登録時に住所確認が必要となる場合があるため正確な住所情報を用意しておく。

    これらの情報を事前に用意しておくことで、Curfexへの登録プロセスをスムーズに進めることができます。登録に必要な情報はサービスや地域によって異なる場合があるため、Curfexの公式ウェブサイトやカスタマーサポートで詳細を確認しておきましょう。

    Curfex(カーフェックス)の会員登録方法

    Curfexへの登録は、下記の手順で行います。それぞれひとつずつ詳しくみていきましょう。

    STEP
    Curfexの会員登録手続きにアクセス

    Curfexの公式ウェブサイトにアクセスし、新規アカウントを作成するための会員登録手続きを開始します。画面右側上部に「新規登録」があるので、そこをクリックしてください。

    STEP
    メールアドレスの認証

    登録時に使用するメールアドレスに送られてくる認証リンクをクリックして、メールアドレスの認証を完了します。迷惑メールなどの設定がされている場合は設定をし直しておきましょう。

    STEP
    個人情報の入力

    必要事項を入力して、個人情報を登録します。登録する個人情報は、利用する方の氏名や電話番号などの連絡先、住所などです。

    STEP
    スマホへの切り替え

    スマートフォンを使用して、登録プロセスを続行します。Curfexのアプリをダウンロードし、アカウントにログインします。iOSなら「App store」、Androidなら「Google play ストア」からダウンロードしてください。

    STEP
    オンライン認証

    アプリを使用して、本人確認のためのオンライン認証手続きを行います。表示される指示に従って必要な情報を提供してください。

    STEP
    提出書類の選択

    必要に応じて、本人確認書類(パスポート、運転免許証など)を選択し、アップロードします。マイナンバーの入力を求められたら、誤りがないよう正確な数字を入れてください。

    STEP
    本人確認書類の写真撮影

    選択した本人確認書類の写真を撮影し、アプリを介してアップロードします。ブレてしまっているもの、情報がしっかり読み取れないような写真は避け、しっかり確認できるものをアップロードしましょう。

    STEP
    本人写真(自撮り)の撮影

    本人確認のために、自撮り写真を撮影し、アプリを介して提出します。顔が見切れてしまっているものや表情を作りすぎているものは避けてください。

    STEP
    最終確認と審査

    提出された情報や書類を確認し、最終的な審査を行います。審査が完了すると登録が承認され、Curfexのサービスを利用する準備が整います。

    以上がCurfexの登録手続きの詳細な手順となります。登録時には正確な情報を提供し、指示に従って手続きを進めることが重要です。

    まとめ

    「国際送金の手数料を安く抑えたい」「スピーディに送金できるプラットフォームを利用したい」という方に特におすすめとなるCurfexは、日本国内だけでなく様々な国の方がかが利用しています。

    本記事では、世界各国で利用者を増やし続けているCurfexについての情報や送金可能な国の一覧、他銀行との手数料比較、登録の際の手順などについて詳しくお伝えしました。

    Curfexは送金手数料が1%のみ、着金や1営業日以内と使い勝手がよくすでに利用している方も多くいます。本記事でお伝えした情報を参考に、ぜひCurfexを活用して手数料を節約しながら海外への送金をスムーズに行いましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次